組曲「杜の鼓動」 [Suite "Beat of Shrine"] -魂の還る場所- [2 mov.]

販売価格

5,724円(税込)

購入数

編成 :Fl/Cl/ Mn1/Mn2/Md/Mc/Db/Gt 演奏時間 :約6分

「杜の鼓動」は1楽章「欅の風景」、2楽章「魂の還る場所」、3楽章「街の灯」の全3楽章から構成される組曲です。

「欅の風景」において、「杜」は「森」であり、森における1日の始まりと終わり、中間部では躍動する自然を描いています。
特に初演された場所、仙台のケヤキ並木の風景を曲想としています。

「魂の還る場所」での「杜」は、その本来の意味「神社や寺院の周りの森」で、これは初演された場所が、今なお「杜」の多く残る京都であったことによります。

「街の灯」は、都市でビルの立ち並ぶ様を「森」と比喩する所から曲想を得ました。人工的な建造物の立ち並ぶ森、自然の動植物達の住む森、そのどちらもが人には必要であり、2つの森はせめぎあいながらも融和を図ろうとします。

3つの楽章はすべて単独で初演されており、それぞれ1曲として独立しています。


※この楽譜には表紙がありません。

T.S.P.I. 柴田智子 柴田智子facebook ソプラノ 柴田智子のフリーダムな旅